【リリース:2020年12月9日】GOES ON(Type A)

リリース日 2020/12/9
タイトル [受注番号] GOES ON(Type A) [TRRCD-5]
アーティスト アイドルカレッジ
価格(税抜) ¥1,182
ジャンル・形態 邦楽)歌謡曲/マキシシングル

2020年12月9日にアイドルカレッジ ニューシングルをリリース。
設立から11周年を迎える記念すべきシングルで、今回はこれまでのアイカレの歴史で縁のある方に楽曲参加していただきました。
表題曲『GOES ON』は久下真音氏によるもので、楽曲発表時に話題になった、欅坂46「サイレントマジョリティー」、SiXTONES「JAPONICA STYLE」の制作(共に編曲)に関わるクリエーター。
アイドルカレッジには「トゥルーエンド プレイヤー」「光の中へ」(共に作詞)、「ラブ/ライク」(作詞&作曲&編曲)を手掛けています。
また収録曲『Half Hope』はアイドルカレッジ初製作の主演映画の主題歌にもなっています。
アイドルカレッジの中でもトップクラスの人気の『せいしゅんしもべティック』の作詞・作曲のニャンシス氏も参加しています。
またSound Producerには純情のアフィリアの金谷雄文(MAGES.)氏が参加。
縁のある方に沢山の協力参加していただいた、アイカレらしさを追求した記念すべきシングルに仕上がっています。
表題曲GOES ON 作詞:金子麻友美 作曲:久下真音&金子麻友美 編曲:久下真音 Sound Producer:金谷雄文(MAGES.)                                                                                                                                                                                              収録曲Half Hope 作詞:金子麻友美 作曲:徐賢眞 編曲:大沢圭一 Sound Producer:金谷雄文(MAGES.) 推し曲GOES ON/Half Hope 作家プロフィール 【久下真音】 楽曲発表時に話題になった、欅坂46「サイレントマジョリティー」、SiXTONES「JAPONICA STYLE」の制作(共に編曲)に関わるクリエーター。
近年では『からかい上手の高木さん2』『賢者の孫』『つくもがみ貸します』『ネコぱら』『八月のシンデレラナイン』『B-PROJECT』他、多数のアニメ作品のOP/ED曲も多数手がている。
アイドルカレッジには「せいしゅんしもべティック」(編曲)以来の登用。
その他にも、「トゥルーエンド プレイヤー」「光の中へ」(共に作詞)、「ラブ/ライク」(作詞&作曲&編曲)を手掛けている。
【金子麻友美】 伊藤美来、上坂すみれ、内田彩、花江夏樹 他の多くの声優アーティストに楽曲提供を行っている。
その他、アニメ『上野さんは不器用』『五等分の花嫁』『斉木楠雄のψ難』『りゅうおうのおしごと!』他のOP/ED曲も制作している。
                                   【大沢圭一】 ラストアイドル「壁は続く」、GreeeeN「ユメノート」、ばってん少女隊「Over」等の編曲を行う他、 Kis-My-Ft2「REAL ME」の作詞を行う等、活動の幅を広げている。
【徐賢眞】 日本のカルチャーに強く影響を受けている韓国在住の新進気鋭のクリエーター。
私立恵比寿中学「HISTORY」、アニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
』挿入歌 佐々木李子「Good Night」の作曲を手掛ける。

<プロフィール>
“未来のアイドルをみんなと育てていこう”をテーマに、女の子たちに、歌唱、ダンス、演技のレッスンを積ませ、全過程を公開イベントで行いスキルアップをはかり、その成長過程を応援してもらうプロジェクト。
2019年2月に10周年を迎えた。
2014年末、よみうりホールでのワンマンライブでは目標 1,000 名動員達成。
2018年7月11日発売のシングル「AKATSUKI」ではオリコンウィークリーランキング6位を記録し、シングルCD6作連続のトップ10入りを果たした。
2016年より毎年、周年記念の全国ツアーを開催。
2018年には9周年を記念した9大都市ツアーを行い、ファイナル東京公演はTOKYO DOME CITY HALLでの開催となった。
昨年10周年を迎え、2019年12月11日発売のシングル『MASQUERADE』はSCRAMBLESの代表である松隈ケンタ氏が手がける。
現在は総勢21人で活動中

関連記事一覧